★ガス会社が変わっても安全性は大丈夫?★

ガス自由化によって、これまでは大手ガス会社がガスの販売市場においては寡占状態にあったものの、ガス会社間にも競争が生まれた事によってこれまでと比べると料金が安くなったり、これまでにないサービスを提供するガス会社が出てくることが期待できるようになりました。しかし一方で、ガスを利用している世帯であれば、ガスは生活の中で最も重要なインフレの1つであるといっても過言ではなくガス自由化が認められてガス料金が安くなるのは良いけれど、どうしても安全性が心配だという人もいるはずです。特に最近は、様々な分野で企業の不祥事が確認されたり、そもそもガスとは火を扱うものであり、ガス漏れなどを起こしてしまうと死にも至りかねない危険があるため、そのような不安を抱く人はなおさら多いはずです。安全性については、ガス自由化が認められたからといって安全性が変わることはありません。なぜなら、ガス自由化が認められ、ガスの全面小売販売が認められたとしても、日本には「ガス事業法」という法律があり、この法律によってガスの取り扱いに関しては厳正に規制されているからです。さらに、ガス自由化が認めれられたとしても、「ガス管」に関しては全てのガス会社が共同で使用し、その「ガス管」に関してはガス管を管理する会社が厳格に保安を担うため、ガス自由化が認められてからもガスの安全性は保たれるということができます。また、ガス漏れや災害などの緊急時の対応に関しても今までと変わらない上、仮に自分が契約しているガス会社が倒産してしまった場合でも、その際は地域のガス会社がバックアップするようになっているため、ガスが止まることもありません。このように、ガス自由化が認められた事によって恩恵を被る反面、不安な気持ちを抱いている人もいるかもしれませんが、ガス自由化によってガスの安全性が損なわれることは基本的にはないため、ガス会社の切り替えも前向きに検討しお得に利用しましょう。