★ガス自由化始まってるの知ってます?盛り上がりに欠ける理由とは・・?★

2017年4月より都市ガスの全面自由化が解禁されたのを知っていましたか?1年先に始まった電力自由化の際は非常に盛り上がっていましたが、ガス自由化の場合はイマイチ盛り上がりに欠けている状態です。実際、電力自由化に参入した新規企業の数は300社を超えていました。いっぽう、ガス小売り児事業に参加した企業は20社足らずという大きな差が出てしまっているうえに、一般家庭向けはさらに限定的と言われています。なぜそこまで参入企業が少ないかと言うと、ガス特有の事情があるからです。まず、ガスは電気よりもリスクが大きいため保守業務も厳格になっていることが参入障壁となっているようです。また、電力市場のようにマーケットが大きくないのも、参入を思い留まらせている要因となっています。実際に、ガス代の方が電気代よりも高いという一般家庭は少ないのではないでしょうか。総務省の調査によると、実際にガス代の平均は月額5,579円ですが、電気代は10674円と2倍近い差があります。そのため、消費者としても電気よりもそこまで気にしている人が少ないのかもしれません。また、ガスは都市ガスとプロパンガスの2種類がありますが、今回の自由化は都市ガスです。都市ガスのシェアは50%しかありません。しかも整備面で地域ごとに差があり、マーケットが限定的というのもガス自由化の盛り上がりに影響していると考えられています。したがって、関西では関電と大阪ガスは激しい契約獲得競争を行っていますが、首都圏はそれほど活発ではありません。東京ガスも料金の値下げを実施していないくらいです。さらには、あれだけ注目された電力自由化でも期待したほど契約者の移動が見られなかったということです。電力自由化では各社において広告などを使って大々的にアピールを行っていましたが、2016年度の12月末時点で電力会社を実際に借り換えたのは全体のたった4%に過ぎません。したがって、電力よりも市場規模が小さいガス自由化ではさらに経済効果は期待できないと静観している企業が多いのが特徴です。よってガス自由化の普及にはまだまだ時間がかかりそうですが、都市ガス会社を切り替えることでにより毎月のガス料金が実際に値下がるケースもあるので、電力と同じようにガスも見直してみてはいかがでしょうか。

★ガス会社が変わっても安全性は大丈夫?★

ガス自由化によって、これまでは大手ガス会社がガスの販売市場においては寡占状態にあったものの、ガス会社間にも競争が生まれた事によってこれまでと比べると料金が安くなったり、これまでにないサービスを提供するガス会社が出てくることが期待できるようになりました。しかし一方で、ガスを利用している世帯であれば、ガスは生活の中で最も重要なインフレの1つであるといっても過言ではなくガス自由化が認められてガス料金が安くなるのは良いけれど、どうしても安全性が心配だという人もいるはずです。特に最近は、様々な分野で企業の不祥事が確認されたり、そもそもガスとは火を扱うものであり、ガス漏れなどを起こしてしまうと死にも至りかねない危険があるため、そのような不安を抱く人はなおさら多いはずです。安全性については、ガス自由化が認められたからといって安全性が変わることはありません。なぜなら、ガス自由化が認められ、ガスの全面小売販売が認められたとしても、日本には「ガス事業法」という法律があり、この法律によってガスの取り扱いに関しては厳正に規制されているからです。さらに、ガス自由化が認めれられたとしても、「ガス管」に関しては全てのガス会社が共同で使用し、その「ガス管」に関してはガス管を管理する会社が厳格に保安を担うため、ガス自由化が認められてからもガスの安全性は保たれるということができます。また、ガス漏れや災害などの緊急時の対応に関しても今までと変わらない上、仮に自分が契約しているガス会社が倒産してしまった場合でも、その際は地域のガス会社がバックアップするようになっているため、ガスが止まることもありません。このように、ガス自由化が認められた事によって恩恵を被る反面、不安な気持ちを抱いている人もいるかもしれませんが、ガス自由化によってガスの安全性が損なわれることは基本的にはないため、ガス会社の切り替えも前向きに検討しお得に利用しましょう。

★ガス自由化でどうなる?変わること、変わらないこと徹底解説!★

2017年4月から都市ガス小売りサービスが全面解禁されるガス自由化がスタートしています。都市ガスの小売市場は、全体の4割を占めており、2.4兆円もの経済規模となっています。ガス自由化によって市場が開放されることで、企業同士の競争原理が発生し料金プランの値下げやサービスの拡充が期待されています。では、ガス自由化によって私たちの生活が大きく変わるかと言えばそうではありません。従来通り安心して都市ガスが利用できるうえに、今後は自由にガス会社を選べることでより自分に合ったサービスを受けることができるというわけです。よく、ガス会社が変わるとガスの品質が変わるのかと疑問に思う人がいるようですが、都市ガスは共通の管を通って各家庭に届けられるため、会社を変更したからといってガスの質が変わることはありません。また、ガスが届けられるガス導管の管理・保守については当面は既存のガス会社が担うため、安全性は保証されています。ただし、ガス自由化によってガス会社を変更した場合、ガスコンロや湯沸かし器などガス機器の保安責任は新たな会社が保安責任を担うことになります。つまり、ガス警報器の設置や機器のトラブルは、今後は自分が契約する会社に問い合わせを行うことになるので注意しましょう。それ以外はガスの品質が変わったり、ガス管の保守力が低下したりする心配はありません。そのため、ガス自由化で参入した料金の安い会社などを使った方が断然お得だということです。電力に比べてガス自由化は情報が少なく、まだまだ新規参入企業も少ないのでしっかりと情報を集めたうえで選んでいくように心がけましょう。その際、おすすめの情報サイトとしてガス自由化naviを一度チェックすると良いでしょう。基礎知識から新規参入企業まで分かりやすく解説してくれているので、ガス自由化の情報収集として非常に参考になります。

http://ガス自由化.biz/